当社は公益財団法人かずさDNA研究所との提携により、メタボローム解析の受託サービスをご提供しております。生体内に存在する多くの代謝化合物を網羅的に解析するメタボローム解析は、近年、質量分析装置が高精度化し、また分析毎の再現性が格段に向上したことで、代謝産物の全体像を捉えやすくなってきました。

タンパク質の働きによって生体内で作られた代謝産物を網羅的に検出し、多群間での相対比較や経時変化のモニタリング、定量値などを検証することにより、直接的に生命現象を捉えることも可能であると考えられます。また、食品中成分の解析から新たな機能性食品の開発や薬物動態を解析することによる創薬の研究、身体の診断や治療に用いられるバイオマーカーの探索研究など、メタボローム解析は様々な分野に応用されております。

対象となる化合物の特徴やお客様の目的に合わせ、液体クロマトグラフィー連結高精度質量分析装置(LC-Orbitrap-MS)やガスクロマトグラフィー連結質量分析装置(GC-MS)などの質量分析装置と解析ソフトウェアを用いた適切なサービスをご提案致します。

メタボローム受託解析選択フローチャート

メタボローム受託解析選択フローチャート GC-MS解析 代謝物リストA GC-MS解析 代謝物リストB LC-MS 差分解析 LC-MS 基本解析 LC-MS 脂質解析

LC-MS
基本解析

中(高)極性化合物を対象に、質量分析装置から出力される全化合物データを、独自開発ソフトウェアPowerGetで解析し、メタボローム解析に利用できる情報としてご提供します。この情報には、質量電荷比m/z、推定組成式、MS/MS情報、データベース検索結果などが含まれています。

詳細はこちら

LC-MS
差分解析

シンプルなデータで試料間比較を行いたい場合に適用されます。中(高)極性化合物を対象に、差分解析を行いサンプルに特徴的な成分を見出すことや未知化合物の組成式予測も可能となります。ただし、MS/MS情報は考慮されません。

詳細はこちら

LC-MS
脂質解析

低極性化合物(脂質)を対象に、大量同定が可能となります。未知化合物であっても構造推定が可能です。また定量値を算出し、複数サンプル間の定量値の変動を比較解析することも可能となります。

詳細はこちら

GC-MS解析
代謝物リストA・B

難揮発性物質をトリメチルシリル化(TMS化)或いはメチル化などの誘導体化により分析します。高(中)極性成分または低極性成分を対象とした、それぞれの標品データと照合することにより同定が可能となり、更に検量線による絶対定量も可能となります。

詳細はこちら

メニュー表

メニュー名 データ解析に使用する
主なソフトウェア
特徴 考慮すべき点 分析対象 化合物極性 定性 定量
既知
化合物
未知
化合物
高極性 中極性 低極性 DB検索 相対 絶対
(半定量)
GC-MS
代謝物リストA
GC/MS代謝成分データベース
Ver.2(Polar)

Analyzer Pro
 +FragmentAlign
高極性成分(糖、アミノ酸、有機酸など)を対象に、428種の代謝成分データベースとの照合による同定および全検出ピークを用いた多変量解析を行います。 代謝成分データベースにヒットしない化合物ピークについては情報が少ない × ×* × △**
GC-MS
代謝物リストB
GC/MS代謝成分データベース
Ver.2(Lipid)

Analyzer Pro
 +FragmentAlign
低極性成分(脂肪酸)を対象に、50種の代謝成分データベースとの照合による同定および全検出ピークを用いた多変量解析を行います。 代謝成分データベースにヒットしない化合物ピークについては情報が少ない × × ×* △**
LC-MS
基本解析
PowerGet 中極性化合物(芳香族配糖体、テルペノイド誘導体、アミノ酸誘導体など)を対象に、化合物推定の為の豊富な精密質量分析情報(MS/MS情報を含む)の付与および多変量解析を行います。未知化合物であっても組成式予測が可能。 複数のデータベースとの照合結果、MS/MS情報、標品実測データとの照合結果を含む × △**
LC-MS
差分解析
SIEVE 中極性化合物(芳香族配糖体、テルペノイド誘導体、アミノ酸誘導体など)を対象に、化合物推定の為の精密質量分析情報の付与および試料間の差分検出、多変量解析を行います。未知化合物であっても組成式予測が可能。 MS/MS情報は考慮されない × △**
LC-MS
脂質解析
Lipid Search+SIEVE 低極性化合物(脂質)を対象に、化合物推定の為の精密質量分析情報の付与および脂質候補のスコア付けを行います。未知化合物であっても構造推定が可能。 ソフトウェア閲覧操作の詳細は開発企業である三井情報株式会社がサポート × × △**

* 化合物の種類により検出される可能性あり
** 標品測定を別途行う必要あり